Room 201-208, Pearl Condominium Block B,Corner of Sayasan Road and Kabar Aye Pagoda Road, Bahan Township, Yangon

営業時間
月~金 07:30-16:30
  土 09:00-12:00
 定休日  
日曜日、ミャンマーの祝日

  お気軽にお問い合わせください  

+95-9-7721-87958

ミャンマー最新情報

 2021年2月1日にミャンマーでは政変があり、社会インフラなどに大きな影響が出ています。さらに同年7月には著しいコロナの感染拡大が発生し、混乱に拍車をかけました。しかし、上記状況下でも実習生の送り出し手続きなどは通常通りに動いていた一面もあります。ここでは、送り出しにかかわるミャンマーの最新情報をご案内いたします。参考にしていただければ幸いです。 

 1年以上閉ざされていた日本入国の扉が開いてから半年以上が過ぎ、怒涛の出国ラッシュも落ち着きました。しかし、社会情勢や経済状況の悪化で若者たちの海外労働志向はさらに高まり、出国関係の様々な手続きに、再度影響が出始めてきています。

 弊社からの実習生の訪日予定がある監理団体様には、個別にメールにて状況をお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

※以下の情報は、2023年1月3日時点での情報になります。

クーデター

チン州やカヤー州、カヤン州、カチン州など少数民族が多く住むエリアおよび、ザガイン州などのミャンマー北西部、シャン州北部、タニンダーリ管区の一部などの地方での散発的な衝突は続いています。ヤンゴンなどの都市部では小規模な爆発事件などは散発するものの、社会の閉塞感や暗澹たる国民感を別にすれば概ね平静を取り戻しています。

コロナ

1月3日の発表では、全国の感染者数は8名で、死者は9日連続でゼロでした。すっかり落ち着いた状況が続いています。しかし、隣国中国での感染爆発が今後ミャンマーに影響してくる可能性はあり、推移を見守る必要はありそうです。ワクチン接種については、ほとんどの生徒が最低2回は終え、3回目も終えている者が増えています。

通信・郵便・国際宅急便

   電話  ザガイン管区などの一部地域で遮断。その他地域は基本的に問題なし。

  郵便・EMS  一時停止中

  国際宅急便

  • OCS   時間はかかりますが利用可能です。                                                   https://www.ocs.co.jp/ からお申込みいただけます。   
  • DHL   週に1往復、専用便が飛んでおり利用可能です。                                                   https://www.dhl-expresseasy.jp/shop/ から最寄りの営業所をお探しください。佐川急便経由でも発送が可能です。   

  • 送付いただく際のご注意

    郵便法により、契約書などの信書は宅急便では送付できません。「送付物内容欄に『契約書』とか書くと受け付けてもらえなかったという報告をいただきましたので、ご注意ください。

インターネット

カチン州、カヤン州、カヤー州、チン州、ザガイン管区などの一部地域で不通が続いています。その他の地域は、接続会社やエリアによっては通信速度が遅いものの利用が可能です。ただし、一部のSNSは接続できません。また、長時間の停電が全土で頻発しています。

政変前に比べ、データ通信料やSIMカードが大幅に値上げしており、リモート授業を受ける生徒たちの経済を圧迫しています。

銀行

   引き出し制限  
   
FATF(Financial Action Task /金融活動に関する国際組織)による、マネーロンダ
    リングのブラックリスト入りしたため、海外送金がさらに困難になっています。しか
    し、銀行窓口での引き出し制限はかなり緩和されています。下記は目安です。
 

  • 個人  一部業界を除き、週1回、20万Ks(約1万2600円)まで。                                                   
  • 法人  銀行によるが、月に1回、500万~1000万チャット(約32~63万円)まで。                                                    

     海外送金
   
外貨送金は止まっています。再開のめどは今のところ不明です。弊社については、日
    本支社の口座への日本円での送金にも対応いたしますので、ご相談ください。


  実習生の仕送り
   
地下銀行を使わないよう実習生たちに指導はしていますが、年末調整用証明取得の時
    以外は、公定レートと実勢レートに大きな乖離があるため、どうしても利用する人が
         多いようです。生徒の多くは、下記のような民間の送金会社を利用しているようで
    す。ただし、ミャンマー側で引き出しが困難な状態は続いています。
   

  • KYODAI Remittance                                                    https://www.ocs.co.jp/ をご参照ください。   
  • SBI Remit                                               https://www.dhl-expresseasy.jp/shop/ をご参照ください。  

  • 弊社サポート

    送金は可能なものの、上記の状況によりミャンマーにいる家族がお金を受け取るのが難しい状況にあります。家族の入院など多額の現金が必要な実習生には、弊社から現金を提供するサポートなども行っています。

経済

一部の外資系企業を除く外貨の強制兌換制度の施行を契機に、外資系企業の撤退が加速しています。また、外貨不足や世界的な原油価格高騰により、多くのガソリンスタンドが閉店したり、スタンドに長蛇の車列ができるなどしています。さらには原油を原料とする製品や輸入品の価格も上がり、庶民生活はますます苦しくなってきています。

ミャンマー国内の手続き

公的機関
   
現在、役所の業務は通常に戻っています。ただし、混み合う状況は解消には至ってお
   らず、当面は日程の予定が見通しにくい状態が続きそうです。なお、パスポート申請
   が年末から停止しています。関連部署のシステム更新のためで、終了時期は未定です
   が、数週間程度と予測されています。

  • ミャンマー政府内の海外労働関連部署 ➡ 通常業務                                                     
  • 出国前研修  予約を取るのは混んでいるが、以前よりも改善した。                                   

  • 日本大使館のVISA発行  申請前の予約はまだ必要だが、混雑状況は改善。

  • スマートカード発行  通常業務。VISAが発行された申請者のみ受け付け。

日本語能力試験

今のところヤンゴンでは、月に1回は様々な日本語能力試験が実施されています。ただしJLPTは受験人数の制限が続いており、希望者全員が受けられる状況ではありません。